LightWave MediBang Paint

LightWaveでヴァイオリンの線画を出力

投稿日:6月 2, 2020 更新日:

使用したバージョンはLightWave2018です。

宮野ともちか
ヴァイオリン
violin_完成2

ヴァイオリンのモデリング。

violin_モデリング

このモデルをモデラーからレイアウトに送ります。

モデラーからレイアウトに送る
モデラーからレイアウトに送る2

カメラを移動してアングルを決めます。

カメラアングル

背景の色を白にします。

背景を白2

色・質感編集からマテリアルをスタンダード
シェーディングモデルはサブリメーションセルシェーダーを選択。

マテリアルスタンダード
シェーディングモデルサブリメーションセルシェーダー

サブリメーションセルシェーダーのオプションを選択。

サブリメーションセルシェーダーオプション

このように設定しました。

サブリメーションセルシェーダー設定

ライトのプロパティを開いてライトの明るさを1.0lxに設定します。

ライトのプロパティ

violin2_v76.Layer1がヴァイオリン本体のオブジェクトで
violin2_v76.Layer3が弦のオブジェクトという構成になってます。

ヴァイオリン本体
弦

VPRで表示させた状態。

VPR

線画を表示させます。
ヴァイオリン本体のオブジェクトviolin2_v76.Layer1を選択して
オブジェクトのプロパティを開きます。
プリミティブ>輪郭
シルエットエッジ2.0pixels
鋭角の折り目2.0pixels
交差エッジ1.0pixelsに設定しました。

ヴァイオリン本体線画設定

今回の画像サイズは640×480なので線を細くしてますが
1200dpiの漫画原稿に使うときは
シルエットエッジと鋭角の折り目を10.0pixels
交差エッジを5.0pixelsにしています。

次に弦の線画を出力するのですが
このモデルの弦は12角の円柱で作ってある為
シルエットエッジで線画を出力すると
線が2本になってしまいます。

弦12角柱
弦の線が2本に

そこで、ちょっと小技を使います。
モデラーに戻って、弦の12角柱の下半分にウェイトを付けて
lineと名前を付けました。

12角柱の下半分にウェイトを
ウェイトline

弦のオブジェクトviolin2_v76.Layer3を選択して
オブジェクトのプロパティを開きます。
プリミティブ>輪郭
シルエットエッジ2.0pixels
ノード編集にチェックを入れてノード編集をクリック。
ノードエディターを開きます。

弦線画設定

ウェイトマップノードにlineを選択して
Silhouette Edges Taperと接続します。

ノードエディター

弦の線が1本になりました。

弦の線が1本に

カメラのプロパティを開いて
適正サンプリングのチェックを外します。

適正サンプリングオフ

適正サンプリング、オンでアンチエイリアスがかかり
適正サンプリング、オフでアンチエイリアスがオフになります。

VPRで表示させてみます。

VPR2

色・質感編集のスムースしきい値の値を調節すると
出したい線をある程度調節出来ます。

スムースしきい値

レンダープロパティを開いて
バッファを選択。
Final_RenderとEdgeにチェックを入れて
F9ボタンを押してレンダリング。

レンダープロパティ

イメージビューワーのファイルから全バッファを保存。
ファイル形式はLW_PNG32(png)を選択。

イメージビューワー
全バッファを保存。
violin3
Final_Render
violin3_Edges
Edges

メディバンペイントに画像を読み込みます。

メディバンペイントに読み込む

Edgesレイヤーを選択して
選択範囲>レイヤーを元に作成/不透明度。

Edgesを選択
レイヤーを元に作成不透明度

Final_Renderレイヤーを選択してEdgesレイヤーを非表示。
透明を選択した塗りつぶしツールで線画を消します。

Final_Renderを選択してEdgesを非表示
グラデ_塗りつぶしツール
線画を消す

ベタになる部分をコピー&ペーストして
ベタレイヤーを作ります。

ベタレイヤーを作成

フィルタ>レベル補正で
ベタレイヤーの影を黒くします。

レベル補正
レベル補正で黒くする

ベタレイヤーを1bitレイヤーに変換。

1bitレイヤーに変換
1bitレイヤーに変換2

Final_Renderレイヤーの影をトーン指定用にレイヤーにします。
Final_Renderレイヤーを選択して
フィルタ>レベル補正でFinal_Renderレイヤーの影を黒くします。
Final_Renderレイヤーを1bitレイヤーに変換。

Final_Renderを選択2
Final_Renderレイヤーを1bitレイヤーに変換。

Final_Renderレイヤーを選択して
選択範囲>レイヤーを元に作成/不透明度。
Final_Renderレイヤーを非表示にして
新しく作ったトーン貼り用のレイヤーを選択。

レイヤーを元に作成不透明度
Final_Renderを非表示にしてレイヤーを元に作成不透明度
トーンレイヤーを選択して

トーンを貼って完成。

トーンを貼って
トーンを貼って完成
violin5

-LightWave, MediBang Paint

関連記事

メディバンペイント(MediBang Paint)グラデーショントーンの貼り方

メディバンペイント(MediBang Paint)グラデーショントーンの貼り方。
※メディバンペイントにグラデーションマップはありません。

InkscapeのパスをLightWaveに読み込むテスト

InkscapeのパスをLightWaveに読み込むテスト。

LightWaveでみずぴっちょんくんを作りました

LightWave Beginnersのみずぴっちょんくんのgifを作りました。

LightWaveでgifアニメを作りました

LightWaveでgifアニメを作りました。

メディバンペイント(MediBang Paint)トーンの貼り方

メディバンペイント(MediBang Paint
)トーンの貼り方。
選択範囲の情報を消さずにトーンの指定をする方法。