MediBang Paint

メディバンペイント(MediBang Paint)スキャンした原稿のゴミの取り方

投稿日:4月 4, 2021 更新日:

原稿の取り込み

原稿をスキャナーで取り込みます。
今回はブログ用のイラストなのでA4のコピー用紙に描きました。

スキャナーの設定。グレー1200dpiに設定しました。

スキャナー設定.png

取り込んだ画像。
画質の調整はメディバンペイント側でやります。

取り込んだ画像.png

画質の調整

メディバンペイントにスキャンした画像を読み込みます。
フィルタ>レベル補正。

レベル補正.png

こんな感じに設定しました。

レベル補正設定.png

1bitレイヤーに変換

レイヤー>変換>1bitレイヤーに変換。

1bitレイヤーに変換.png

1200dpiの原寸画像。

1bit原寸.png

ゴミ取り

ゴミを取っていきます。
選択範囲>レイヤーを元に作成/不透明度。

レイヤーを元に作成.png

選択するとゴミが目立つ様になるので
カラーで透明を選択して塗りつぶしツールで
いらないゴミを消します。

塗りつぶしツール.png

最後にベタの隙間を塗って終わり。
選択を反転して塗りつぶしツールで隙間を塗って行くと楽です。

ベタ.png

完成。
画像をブログ用に縮小したのでアンチエイリアスがかかってますが
実際の原稿は9924×14040pixelで黒のみです。

中世騎士物語_001_1000_1428.png

使ってるスキャナーはこちら。

公式が教えてくれないメディバンペイント(MediBang Paint)でのトーンの貼り方の記事はこちら。

公式が教えてくれないメディバンペイント(MediBang Paint)でのグラデーショントーンの貼り方の記事はこちら。

メディバンペイント(MediBang Paint)枠線の断ち切りの作り方の記事はこちら。

-MediBang Paint

関連記事

メディバンペイント(MediBang Paint)トーンの貼り方

メディバンペイント(MediBang Paint
)トーンの貼り方。
選択範囲の情報を消さずにトーンの指定をする方法。

LightWaveでヴァイオリンの線画を出力

LightWaveでヴァイオリンの線画を出力。
使用したバージョンはLightWave2018です。

メディバンペイント(MediBang Paint)グラデーショントーンの貼り方

メディバンペイント(MediBang Paint)グラデーショントーンの貼り方。
※メディバンペイントにグラデーションマップはありません。

メディバンペイント(MediBang Paint)枠線の断ち切りの作り方

メディバンペイント(MediBang Paint)枠線を断ち切りまで引く方法